第1回全体プログラムを実施しました<2020年8月29日30日>

2020年度GFESTがスタートし、8月29日、30日に全体プログラムを実施しました。新型コロナウイルス感染拡大が収まっていない状況のため、オンラインで行いました。

29日はGFEST修了生の田渕宏太朗さん(筑波大学工学システム学類3年)と軽辺凌太さん(筑波大学地球学類3年)に高校時代の研究内容と現在の研究について、お話しいただきました。

その後、4-5名のグループに分かれて、ブックトークを行いました。今回の課題本は「絵を見る技術 名画の構造を読み解く」(秋田麻早子著、朝日出版社)でした。本のワークとして「各自が好きな絵を3枚選び、3枚の共通点を、構造的に考えることで、自分の好みを分析していく」というのがあるのですが、自己紹介もかねて自分の好きな絵と理由を紹介してもらいました。

30日はGFESTプログラムリーダーの鈴木石根先生(生命環境系教授)に、研究倫理についてと、ご自身の研究のお話をしていただきました。藻類から効率的にオイルを作るの研究がどのように進んでいるのか、具体的にイメージができたと思います。

高校生は自分の学校以外の人と話すことが、なかなかないと思います。オンラインだからこそできる少人数でのグループワークを取り入れることで、受講生同士が早く仲良くなれるように今後もプログラムを実施していきたいと思います。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.