Q&A

コンテスト参加・研究実績についての資料というのはどのようなものでしょうか?

どのような研究をして、どのような成果がでたのかが、わかるような資料です。夏休みの宿題として行った自由研究でも「資料」となります。たとえば、市町村などの科学賞に応募した際の主論文や掲示物などが資料となります。 コンテスト応募実績があるのなら、その際に使用した発表資料をそのまま送っていただいても構いません。

Back To Top

携帯メールはありますが、PCメールはありません。どうしたらいいでしょうか?

GFESTでは受講生への連絡をメールで行います。個人サポートは基本的に「受講生専用システム」で行います。このため、自宅もしくは学校で、添付ファイルのあるメールを受け取れること&ウェブにアクセスできることが必要になります。

また受講生は月次レポートや受講レポートをword等で作成し、提出する必要があります。そのため、携帯メールだけではGFESTの受講は困難です。

Back To Top

保護者もプログラム等に参加できますか?

基本的にお断りしています。

またメール(GFEST事務局への問い合わせ)についても、受講生本人が行うようにしてください。中高生にとって、同級生以外とメールをやりとりをする機会は限られおります。GFESTでは、「文章力の向上」「コミュニケーションスキルの向上」も非常に重要視しております。友達ではなく「大人」にメールを書くことを通して、文章力やコミュニケーションスキルも磨いていってほしいと考えております。

Back To Top

選考にあたって重視されることはなんですか?

GFESTでは、自主性を非常に重んじています。そのため、何よりも大事にしているのが、研究・学習への意欲です。通常の学校生活とGFESTの両立は、なかなか大変です。「大学の先生に直接サポートしてもらえる」「最先端の科学に触れられる」「学校では出来ないような話を存分にすることができる仲間を作れる」といったメリットを存分にいかすためには、受講生自身の意欲が重要になってきます。

そのため、GFESTに入る意欲と入った後にどのようなことを学びたいかを重視します。

Back To Top

一度受講生になったらずっと受講生でいられますか?

2018年度より、GFESTは単年度のプログラムに変わりました。受講期間は選抜時から、年度末(3月末)までとなります。

Back To Top

推薦者はどのような人が望ましいですか?

受講生の出席率が悪い、レポートの提出がないといった場合には、推薦者の方にご連絡を取ることがあります。そのため、推薦者は学校の先生等、受講生の様子を適宜把握できる方が望ましいです。

Back To Top

学校行事などで講義に参加出来ない場合はどうすればいいですか?

学校行事等と日程が重なったり、体調不良によって講義に参加出来なかった場合は、動画配信等で学習していただきます。
欠席する場合は、その都度GFEST事務局までお知らせください。

Back To Top