サイエンスカフェを行いました<2020.10.24>

2020年10月24日にGFEST修了生で現在 京都大学大学院 農学研究科応用生物科学専攻 昆虫生態学研究室博士課程(日本学術振興会 特別研究員DC1) の井戸川直人さんに「アリに誘われて」というお話をしていただきました。

井戸川さんは2008年に筑波大学BSリーグ(GFESTの前身プログラム)に参加しトゲアリの研究をしていました。現在もアリの研究をしています。高校3年生の時には日本代表としてアメリカ・ピッツバーグで開催された高校生のための国際科学技術フェア(International Science and Engineering Fair)に参加しました。

「アリを見つめ続けていたら、世界が大きく広がった。ずっと追いかけていける何かを見つけよう!」というGFEST生へのメッセージはとてもよかったですね!とても興味深いお話で受講生の皆さんからもたくさんの質問が出ました。これからも修了生のお話を聞く機会を設けたいと思います。

サイエンスカフェの後は、少人数のグループに分かれてブックトークを行いました。今回の課題本は「さあ才能に目覚めよう!ストレングスファインダー2.0」です。自分の5つの強みを調べたうえで、ほかの人たちと話してもらいました。「受講生同士、ちゃんと話せているのかな?」と不安だったのですが、「ブックトークがとても楽しみ」という人がいて、ホッとしました。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.