第2回全体プログラムを開催しました<2020.9.27>

2020年9月27日に第2回全体プログラムを開催しました。

最初は、筑波大学の留学生を交えたGFEST Cafeです。筑波大学には2700名

余の留学生がいます。今回は、ガーナ、

インド、ウクライナ、中国、スリランカ等からの留学生12名が参加し、GFEST生2-3名とグループになって各国の教育制度について話してもらいました。とても盛り上がったようで、「時間が足りなかった!」とのことでした。

その後、筑波大学体育系の雨宮怜先生に「マインドフルネス―危機的状況で実力を発揮するための智慧―」の講義をしていただきました。マインドフルネスは、ビジネスやスポーツの世界で取り入れられています。コロナ禍で、GFEST生のみんなもストレスを抱えているのではないかと思います。「身体を整えることで、心も整える」ということを、ワークを通して実感できたと思います。

「テニス部に所属していて、試合に負けたばかりです。試合前は緊張している方がいいのか、リラックスしている方がいいのか、どちらでしょう?」など、普段聞くことができない質問を専門家に聞くことができて実り多かったことと思います。

GFESTでは今後も、普段の学校生活では学べないことを、学ぶ機会を作っていきたいと思います。

受講生の声 「マインドフルネスは高校生の私にとって新鮮な内容で、大きな刺激になりました。初めて深く知ることが多く、あっという間の講義でした。どうもありがとうございました。」

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.