化学分野特別実習を行いました<2017.11.23>

2017年11月23日に筑波大学化学類、中本真晃先生、小谷弘明先生のご指導の下、化学分野の特別実習を行いました。

実習内容は以下の通りです。

1 ニトロベンゼンの合成

ベンゼンを原料として、濃硫酸と濃硝酸からなる混酸によってニトロベンゼンを選択的に合成、精製した。TAがサポートすることで、生徒たちには実験操作の全てを体験してもらった。反応熱や色を体感しながら、科学観を形成した。実験の合間には化学類・中本先生が芳香族化合物の反応性と歴史についての講義を行った。

2 ルシフェリンによる化学発光

ホタルの発光にみられるルシフェラーゼを酵素として用いたルシフェリンの化学発光について、溶液の酸性度を調製して化学発光の有無を確認し、分子の構造と発光の関係性について考察することを目的とした。また、蛍光装置を用い、発光スペクトルを測定することで、目視だけでなくスペクトルとして発光現象を確認した。

This entry was posted in 活動報告. Bookmark the permalink.