2015年度第1回共通プログラムを開催しました

2015年9月6日に第1回共通プログラムを開催しました。

GFESTとして迎える2回目の受講生になります。北は北海道、南は名古屋から参加者が集まりました。まずはGFESTの説明をプログラムリーダーの佐藤先生とコーディネータの尾嶋で行いました。

Dr.Hana Suzukiその後がいよいよ講義。
留学生センターの鈴木華子先生の講義はいきなり英語!みんなちょっとビックリしていましたね。「自分の似ている人と話してください」ということで、席を移動して自己紹介から始めましたね。次は「自分と似ていない人と話してください」ということで、少なくとも2名の新しい仲間と話したと思います。似ている人と話すときと似ていない人と話すときではパーソナルスペースがどのように変わるか、みんなわかったかな?


Dr.Nomura2コマ目は野村港二先生が、「科学を行うことは自分を輝かせること」という講義をしてくださいました。「自分のオリジナリティーを守るために、事実と意見、他の人の考えと自分の考えを分ける」ということ、事実は「あなたが気づいても気づかなくても、そこにある物事だが、言葉にできた物」で、意見は「あなたの感性が動くことで、あなたの気持をこめて言葉などで表現した何か」と考えたらどうかというお話しは、みんなにとって新鮮だったことと思います。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA最後は武政先生による分子運動生理学の講義。「ここには、体を鍛えてそうな人が。。。いないかな。」という言葉で始まった講義では、健康であるからこそ運動をする大切さを実感しました。(いつ見ても武政先生の胸板の厚さには驚きます^^)


講義が終了後は、交流会。初めてあった人が多かったのに、交流会はとても盛り上がりましたね。次に会うのは10月4日の特別化学実習になります。楽しみにしていてくださいね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

This entry was posted in お知らせ, 活動報告. Bookmark the permalink.